02日 7月 2020
「こうして神は人を追放し、いのちの木への道を守るために、ケルビムと、輪を描いて回る炎の剣をエデンの園に置かれた。」(創世記3章24節)...
教会 · 30日 6月 2020
この間の日曜日、9時40分~大宮教会の教会学校に初めてzoomでお邪魔しました。

信仰 · 30日 6月 2020
早いものでまた勝手に決めた私の出番が回ってきました。 今日は月の終わりであると同時に、今年の上半期最終日ですね。 色々あった中でも、私にとってはあっと言う間で、感謝なことが多くある中でも、 あれも出来なかった、これも出来なかったと悔やむ思いも色々頭をよぎります。 そんな思いの時によく励まされる聖書の言葉を今日はご紹介します。...
老大学生奮闘記 · 19日 6月 2020
「こうして神は人を追放し、いのちの木への道を守るために、ケルビムと、輪を描いて回る炎の剣をエデンの園の東に置かれた。」(創世記3章24節)  創世記の初めには神話のようなお話がありますが、単なる神話ではありません。...
老大学生奮闘記 · 13日 6月 2020
「わたしは敵意を、おまえと女の間に、おまえの子孫と女の子孫の間に置く。彼はおまえの頭を打ち、おまえは彼のかかとを打つ。」(創世記3章15節)  園での事件に対して神は三つの裁きを下されました。誘惑者である蛇と、誘惑された女と、妻である女に従った人へです。...
老大学生奮闘記 · 04日 6月 2020
「人は言った。『私のそばにいるようにとあなたが与えてくださったこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。』」(創世記3章12節)  言いわけがましことは当然だと思っている人はそうおりません。ほとんどの人は恥ずかしいことだと思っていることでしょう。にも拘らず、何かまずい事態になった時にはよく見かけられる光景です。...
教会 · 31日 5月 2020
月に一度はブログをと努めていますが、 今月もまたぎりぎりのタイミングとなりました。 コロナウイルスの影響でYouTubeが今まで以上に活用されているようですが、 今回は最近自分がYouTubeを通して知り、読んだ本をご紹介します。 YouTubeのリンクは以下となりますが、こちらはCGNTV JAPANというキリスト教系のチャンネルで、本を紹介している番組です。...

老大学生奮闘記 · 26日 5月 2020
 「こうして、ふたりの目は開かれ、自分たちが裸であることを知った。そこで彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちのために腰の覆いを作った。」(創世記3章7節)  誘惑者があまりにも狡猾であったために、エバは木の実を食べ、アダムにもすすめ彼も食べてしまいました。 人間が住む世界が楽園でなくなったのはこの時からです。...
老大学生奮闘記 · 20日 5月 2020
それを食べるとき、目が開かれて、あなたがたが神のようになって善悪を知るものとなるのです。」(創世記3章5節)    前回「誘惑者」について書きましたが、その続きになります。人間を悪へと誘惑する者があるということは経験的には事実であることは疑えませんが、これは永遠のミステリーです。...
信仰 · 14日 5月 2020
2018年4月に初めてヘアドネーションをしました。 それまで芸能人がやっているという話を何度か聞いたことがありましたが、教会のH姉妹から長い毛髪を寄付するという話を聞き、とても身近に感じたのがきっかけです。

さらに表示する