8月のゴスペルクワイヤーレッスンは Do it for me という曲でした。
ゴスペル · 21日 9月 2020
 皆さん、連休いかがお過ごしですか?  私はサービス業なのでいつも通りの仕事ですが、今日のお休みは家で作業をしながら私たちのゴスペルクワイヤーの指導をしてくださっている山根先生が昨日出演したゴスペルコンサートを聴いています。 今月に入って、街中でもだいぶ人が多くなってきているように感じます。SNSを見てもGo...

12日 9月 2020
 「エノクは神とともに歩んだ。神が彼を取られたので、彼はいなくなった。」(創世記5章24節)  僕は、神が実在し生きておられる方であることを信じており、聖書が魂の欲求に答える書であるという意味で「神のことば」であることを信じています。それにしても聖書には意味不明で信じ難いことも記されていることも確かです。...
信仰 · 10日 9月 2020
 私事ではありますが、今年の春から次男が独立して夫婦二人だけの生活になりました。 普通でしたら寂しくて落ち込んでしまう人もいるのでしょうが、幸い仕事もあり、教会で様々な世代の方々と交流したり、奉仕をしたりして忙しく過ごしていますのでそれほど落ち込むこともありません。...

老大学生奮闘記 · 03日 9月 2020
  「セツにもまた、男の子が生まれた。セツは彼の名をエノシュと呼んだ。そのころ、人々は主の名を呼ぶことを始めた。」(創世記4章26節)    アダムは神を知っていました。自分たちの違反のために園を追われたことも認識していました。カインも大きな罪を犯した後、その罪責に苦しみました。神から逃れることはできませんでした。...
信仰 · 31日 8月 2020
残暑お見舞い申し上げます。 梅雨が明けたかと思うと、夏らしく猛暑が続いていますが、 コロナも伴った『特別な夏』をいかがお過ごしでしょうか? まだまだ暑さは続くようですので、油断せずに熱中症対策をしつつ、 健康には留意して行きたいですね。 さて、今月は聖書から以下のメッセージをご紹介します。...

老大学生奮闘記 · 26日 8月 2020
「アダとツィラよ、私の声を聴け。レメクの妻たちよ、私の言うことに耳を傾けよ。私は一人の男を、私が受けた傷のために殺す。一人の子どもを、私が受ける傷のために。」(創世記4章23節)  創世記の物語は、エデンの園での人祖の失敗の刈り取りが続きます。カインの子孫にレメクという人がいますが、彼は彼が受けたどんな仕打ちにも復讐を誓い唄います。...
イベント · 15日 8月 2020
本日午後3時~5時までユースステーションオンラインに初参加しました! 青年のための取り組み、今回で7回目とのことです。70名近くの参加者がありました。 アイスブレイクのゲームから始まり、賛美、趣旨説明に続きワークショップ。...
 アモスという名前は協力牧師の新垣先生のペンネームなのですが、ここのところの礼拝YOUTUBE配信をおこなっているうちに、 先生が「礼拝メッセージとは別に伝道会をやりたい」としょっちゅうおっしゃるので、 先日のゴスペルクワイヤーYoutubeレッスンの中で5分差し上げて、8分ほどお話しされたのですが(←失礼すぎる書き方ごめんなさい (;^ω^)...
老大学生奮闘記 · 04日 8月 2020
 「カインは主の前から出て行って、エデンの東、ノデの地に住んだ。」(創世記4章16節)  有島武郎の短編小説「カインの末裔」を読んだ読者の一人が、そのあと味の悪さに「何を言いたいんだ」と言いました。実際この小説は、創世記4章にある背景を知らずして読むと、混乱するだけです。しかし背景を知って読めば、考えるところ大です。...

さらに表示する