老大学生奮闘記

老大学生奮闘記 · 19日 11月 2020
  「神の子らが人の娘たちのところに入り、彼らに子ができたそのころ、またその後も、ネフィリムが地にいた。彼らは昔からの勇士であり、名のある者たちであった。」(創世記6章4節)...
老大学生奮闘記 · 06日 11月 2020
「そこで、主は言われた。『わたしの霊は、人のうちに永久にとどまることはない。人は肉にすぎないからだ。だから、人の齢は百二十年にしよう。』」(創世記6章3節)...
老大学生奮闘記 · 29日 10月 2020
「さて、人が大地の面に増え始め、娘たちが彼らに生まれたとき、神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、それぞれ自分が選んだ者を妻とした。」(創世記6章1,2節)...
老大学生奮闘記 · 28日 9月 2020
「彼(レメク)はその子をノアと名づけて言った。『この子は、主がのろわれたこの地での、私たちの働きと手の苦労から、私たちを慰めてくれるだろう。』」(創世記5章29節)...
老大学生奮闘記 · 03日 9月 2020
  「セツにもまた、男の子が生まれた。セツは彼の名をエノシュと呼んだ。そのころ、人々は主の名を呼ぶことを始めた。」(創世記4章26節)    アダムは神を知っていました。自分たちの違反のために園を追われたことも認識していました。カインも大きな罪を犯した後、その罪責に苦しみました。神から逃れることはできませんでした。...
老大学生奮闘記 · 26日 8月 2020
「アダとツィラよ、私の声を聴け。レメクの妻たちよ、私の言うことに耳を傾けよ。私は一人の男を、私が受けた傷のために殺す。一人の子どもを、私が受ける傷のために。」(創世記4章23節)  創世記の物語は、エデンの園での人祖の失敗の刈り取りが続きます。カインの子孫にレメクという人がいますが、彼は彼が受けたどんな仕打ちにも復讐を誓い唄います。...
老大学生奮闘記 · 04日 8月 2020
 「カインは主の前から出て行って、エデンの東、ノデの地に住んだ。」(創世記4章16節)  有島武郎の短編小説「カインの末裔」を読んだ読者の一人が、そのあと味の悪さに「何を言いたいんだ」と言いました。実際この小説は、創世記4章にある背景を知らずして読むと、混乱するだけです。しかし背景を知って読めば、考えるところ大です。...
老大学生奮闘記 · 09日 7月 2020
「人は、その妻を知った。彼女は身ごもってカインを産み、『私は、主によって男子を得た』と言った。」(創世記4章1節)  「生めよ。増えよ。地に満ちよ。…」は1章28節にある御言葉です。これは人祖の堕罪以前に語られました。 だからと言って神が語られたことは変わらず、実行されました。エバが「主によって」と言った通りです。...
老大学生奮闘記 · 19日 6月 2020
「こうして神は人を追放し、いのちの木への道を守るために、ケルビムと、輪を描いて回る炎の剣をエデンの園の東に置かれた。」(創世記3章24節)  創世記の初めには神話のようなお話がありますが、単なる神話ではありません。...
老大学生奮闘記 · 13日 6月 2020
「わたしは敵意を、おまえと女の間に、おまえの子孫と女の子孫の間に置く。彼はおまえの頭を打ち、おまえは彼のかかとを打つ。」(創世記3章15節)  園での事件に対して神は三つの裁きを下されました。誘惑者である蛇と、誘惑された女と、妻である女に従った人へです。...

さらに表示する